FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  お仕事  »  不思議だぁ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議だぁ~

再び現る!!!部っちょんです。ご無沙汰でした。
メンバーが更新頑張ってるから安心してます。&負けとれん。

新人1号君が行ってきた「難加工技術展」に私も行ってきました。
各メーカーさん頑張ってますね。我々も負けずに頑張らなきゃ!
今回の記事は、
「この道20年の私が初めて知った事実」をとり上げます。

一応それなりに業界の多くのことを
加工実体験・講習会・資格試験・通信教育・見学会・交流会・顧客訪問などなど
経験を積んできたつもりです。

なのにーーーまだ勉強不足でした。この業界じつは奥が深すぎるかも。
それは・・・「ステンレス系」でのこと。

ハガネの種類は細かく分けると、数え切れないほどありますが、
その中のステンレス系でも多くの種類が存在しています。

我々ゲージ屋は80%合金工具鋼を用いてゲージを製作します。
ゲージ鋼とか特鋼とか言ったりしますが、いわゆるSKS3です。
日立金属さんではSGTです。

他のハガネも色々用いてゲージや部品を製作しているので大体の材質と焼入れは勉強しました。
ステンレス系もゲージに使う事があるので、それなりに勉強しました。
SUS440・SUS420J・SUS303
これらはよく使うステンレスで、特徴は熟知してます。
他にもステンレスの種類があることは知ってました。

SUSは錆びない=焼き入らない(硬くない)=変形する=磁性ない(加工難しい)
または、焼き入る(硬くなる)=耐磨耗OK=磁性ある(加工容易)=錆びる
と、まったく違う性質のものがあります。ステンレス系はみんな前者のものだと思われがちです。

そして初めて知ったステンレス・・・うそみたいなステンレス・・・

SUS630 です。

錆びないのに焼きが入る、で、硬くなると磁性が発生する。こんな材質本当?って思いました。

食品機械業界では極々普通に使われている材質だそうです。
    まいった。知らんかった。
不思議だぁ~。
ちなみにこの場合の焼き入れはちょっと変わっていて、その名も「析出硬化」というもので硬くします。
内容を語ると長くなるので、詳しくはクリタテクノに問い合わせてください。

長くなりましたが、最後に個人的な不思議ネタを拾ってきました。
090625_185246_convert_20090711233606.jpg

このお願いはなんかなぁ~必要か?不思議だぁ~

それではさようなら。投稿者:冒頭にあり。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

クリタテクノ

Author:クリタテクノ
愛知県北名古屋市にあります
株式会社クリタテクノはゲージ、
テストバー、治工具、専用検査具、
直角測定器、マスターリングゲージ、
研削・精密加工、ゲージ校正を
扱っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。